切らない眼瞼下垂をしてきた。保険適用で片目だけ【体験記】

※当サイトではアフェリエイト広告を利用しています
日常

絶賛無職生活中の虚無女です。

前から右目の瞼の重みが気になっていたので思い切って手術をすることに。

無職期間中にしかこういうメンテナンス(?)できませんからね。

切らない眼瞼下垂ブログ

ブサイクのせい…

自分の目の形が変なのも片方の目の目頭側のまつ毛が上がらないのもただのブサイクのせいだと思って自己嫌悪に陥る日々。

まつ毛サロンに通っていた時も瞼が厚いことを指摘されて申し訳ない気持ちになっていました。

次の転職活動でも履歴書に貼る写真を撮るけど、左右でアンバランスな目の形のせいで人相がめちゃ悪く写るのがコンプレックス。

書類選考で落とされたら立ち直れない…。

眼瞼下垂という病気を知る

実は最近まで「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という言葉を知りませんでした。

黒目が隠れる、瞼が重い、などで検索していたらたまたま眼瞼下垂のことについて書いてあるページを見つけ、こういう病気があるんだと知りました。

肩こりだったり目を開くときに眉が上がるだったり、調べれば調べるほど自分が気にしていた症状と眼瞼下垂の症状が一致して、

これだ!!!

とストンと腹に落ちました。

芸能人で眼瞼下垂の手術をしたことを公表している人がいて親近感というか、珍しい病気ではないことを知ってちょっと安心。

そうか、私の目はただのブサイクのせいじゃなくて病気のせいだったんだ!

病院探し

イメージ

「眼瞼下垂 〇〇市」と自分の住んでいるエリアで病院を検索してみました。

行ける範囲の病院で眼瞼下垂の手術を行なっているのは3軒くらいでした。

Googleマップでの口コミもチェック。

全部が全部いい口コミではなかったもののどうやら切らない眼瞼下垂で大満足している人の口コミを発見。

ここに行ってみよう。

そこの病院は「切らない眼瞼下垂」という手術をやっていて、最悪の場合元に戻せるし、と思えたのも手術をするのを決意できた要因でした。

東京や大阪などの都会の病院の方が数は多いしHPで眼瞼下垂について詳しい説明があったり、名医と呼ばれる人の情報が入手しやすいのが羨ましかったです。

ドキドキの診察

自分なりに調べてここだ、と思った病院へGO!

ドキドキの診察です。

「ん〜、ちゃんと目は開いているし眉毛も上がってないし気にするほどでもないんじゃないかなぁ。」と言われました。

まつ毛パーマをして瞼をグッと持ち上げているからで眉はワックス脱毛で揃えているからで…。ともどかしい気持ちになりました。(問診票にもっと事細かに書けば良かった。)

目をメジャーで測られたり結構時間をかけて診てもらって、まつげが上がらないなど問診票に書けなかったことなども伝えて保険適用で眼瞼下垂の手術を受けられることに。

先生の見立てによると、気になっていた右目の目頭らへんの瞼をちょっと引き上げればいいんじゃないかということで、片目のみの手術をすることになりました。

切らない眼瞼下垂体験記

ベッドに横になり、目薬をさされ顔周りに紙を貼って目だけ出ているスタイルになりました。

セッティングができたら先生が来て麻酔。

局部麻酔で瞼の裏と瞼の表面の2箇所注射しました。

目に注射ということで恐怖心はありましたがちょっとチクっとする程度でした。

麻酔が効いたらいよいよ手術開始。

なんか筋肉をピッピッと引っ張られている感覚はありましたが全然痛くはなかったです。

手術が終わったら20分ほどアイシングして終わり。

術後から帰宅

手術室を出て受付でしばらく待ちお会計。

初診料など諸々含めて2万円いかないくらいで済みました。

保険適用すごい!

お手洗いの鏡できちんと自分の目を確認してみら、腫れて二重の幅が広がってめっちゃ整形顔になってたのが面白かったですw

1週間くらいは腫れるのと、コンタクトも1週間くらいはしない方がいいとのことでした。

病院を出て薬局でお薬をもらい(薬代は600円くらいで済みました。)、普通に歩いて帰れました。

術後の痛みは全くなく、気になるのは腫れくらい。

入浴は当日からOKとのことでしたがその日は念の為シャワーのみにしました。

寝起きの目はすごく腫れていて、目やにもすごかったです。

しかしそれ以外は全く問題なし。

気になっていた目頭側の瞼がちゃんと開いていて、まつ毛も上がっているのがとても嬉しい。

腫れがちゃんと引くまでなんとも言えませんが、保険適用とはいえきちんとデザインしてくれたので見た目的にも目のバランスが良い感じがしています。

まとめ

◾️切らない眼瞼下垂をしてきた。保険適用で片目だけ【体験記】

・目のコンプレックスはブサイクのせいじゃなくて眼瞼下垂という病気だった
・自分なりに調べて切らない眼瞼下垂をやっている病院へ
・手術は麻酔がちょっと怖かったくらいで痛みは全くなかった
・手術直後は腫れるし整形顔になる、翌日は腫れとめやにがすごい

・切らない眼瞼下垂にかかったお金は保険適用で2万円くらいだった

以上、切らない眼瞼下垂の体験レポでした。

とりあえず今のところは手術をして良かったです。

切らない眼瞼下垂なので個人的には5年くらいもてばいい10年もてば大成功、くらいに思っています。

こちらのブログが悩んでいる人に参考になったり、手術のイメージがなんとなくできるようになれば幸いです。

また落ち着いたら色々ブログに書こうと思います。

タイトルとURLをコピーしました